7月のメッセージ

             テーマ「海の日」  

蝉も鳴き始め、本格的な夏の暑さを感じる季節になりました。 

学生たちは手帳を眺めながら、夏休みの計画をとても楽しみにしています。 

海へ泳ぎに行ったり、川でバーベキューをしたりと、夏は水辺でイベントをすることが多いのではないでしょうか? 

イエス・キリストが活動された地域の付近にはガリラヤ湖という湖があり、聖書には、ガリラヤ湖を舞台にしたシーンもいくつか登場しますが、マルコの福音書4章では、ガリラヤ湖でイエスと弟子たちが乗っていた船が嵐に遭うというお話があります。(マルコの福音書4章35節~41節) 

弟子たちは嵐に戸惑い、急いで眠っていたイエスを起こしに行き「私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか」と訴えてしまうのです。しかし、イエスが起き上がって、湖に「黙れ、静まれ。」と言われると、うそのように風は止み、嵐はおさまりました。 

突然の嵐に戸惑い、焦ってしまう弟子たちの姿は、まさしくわたしたちの姿と言えるでしょう。予期していない人生の嵐に遭遇してしまうと、状況によって右往左往してしまうのです。しかし、イエスはそのようなわたしたちに「どうしてそんなにこわがるのです。」と語られます。 

わたしたちには、どんなときもイエスがともにいてくださるのです。天地万物を治める権威を持っておられるイエス・キリストがわたしたちと同じ人生の船に乗っていてくださるのだと信じるとき、どんな人生の試練をも、乗り越える力と勇気が与えられるでしょう。 

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです」ヨハネの福音書14章6節 

わたしたちが進むべき道を見失ったとしても、イエスご自身が道となって、わたしたちを一歩一歩導いてくださるのです。 

人は、ひとりでは生きてゆくことができません。ともに歩む存在が必要です。 

イエス・キリストはあなたを必要とされています。 

教会の礼拝では、このイエス・キリストの素晴らしい愛について語られます。 

是非、一度お越しください。 

礼拝

聖日礼拝  日曜日 10時30分

祈祷会   水曜日 19時30分

聖研    土曜日 11時

行事等

 

8/6 (日)  教会学校キャンプ ~7 日(月)  6日午後4時~7日午後4時        

 場所・高槻キリスト教会    

(7日昼は摂津峡) 

 

 

8/19(土) 宿題やろう会 午後1時~3時半

場所・高槻キリスト教会  

 


お問い合わせ

569-0818

高槻市桜ケ丘南町22-3

Tel072-696-0347

fax072-696-0347

 主管牧師 田中 絹子

 伝道師  福井美由記

※このホームページへのお問い合わせは お電話のみとさせていただきます。

リンク

関西教区

http://ag-kansai.com/