行事報告

2017年8月6日(日)~7日(月)

こどもサマーキャンプ

子どもも大人も思いっきり楽しんだ素晴らしいキャンプでした。賛美や御言葉をしっかりと覚えて、お家に帰ってからも口ずさんでいたお友だちもいたそうです😊🌻一時は台風でどうなるかと思いましたが、スタッフみんなで知恵を振り絞り、プログラムを変更しながらなんとか最後まで乗り切りました。川遊びは出来なかったけど、スポッチャで思いっきり体を動かせて、大満足!!ご近所の方々にもご理解とご協力をいただき、花火やスイカ割りなどには多くの方が参加してくださいました.全てを導き、益として下さった神様に心から感謝します。


 2017年7月9日(日)EYSゴスペルコンサート

満員御礼だったEYSさんのコンサートが無事に終了しました。初めて教会に来られたという方もおられ、大変感動しましたとおっしゃってくださいました。
EYS
さん、素敵なコンサートをありがとうございましたこれからも応援しています

 


新会堂でのクリスマス

 2016年12月25日午後2時から、新会堂初のクリスマス会が催されました。14年は旧会堂での数々の思い出をかみしめながら、また15年は各自がそれぞれのクリスマスの時を過ごしましたので、皆様をお招きしてのクリスマスを新しくなった会堂で持つことができたのは、私たちの大きな喜びでした。

 8月初旬から実行委員会ができて準備を始め、プログラム、プレゼント、看板作成、会堂の飾り方など、それこそ老若男女を問わず皆心から喜んでアイディアを出し合い、その時を迎えることができて感謝でした。

 今回のテーマは「良き知らせ」で、全体を厳かなイメージにしようと、オープニングにLEDライトですが、キャンドルサービスを致しました。聖歌隊がスキャットでカッチーニのアヴェ・マリアを賛美する中、天使に扮した日曜学校の生徒さんが二人ペアーで、通路側のテーブルにキャンドルを置いていきます。

 雰囲気が整ったところで、先ほどのアヴェ・マリアの賛美とトーンチャイム演奏。そして受胎告知から夜野原で羊の番をしている羊飼いへの御使いの知らせ。遠い道のりを贈り物を携えて救い主を拝するためにやってきた三人の博士たち。良く知られているクリスマスのお話を、トーンチャイム演奏、映像と手話劇、混声賛美、そして腹話術のカンちゃんへとつなぎ、クリスマスで伝えられてきた「良き知らせ」とは私たちにとってどのような意味があるのか、田中牧師が会場の爆笑を誘いながら語られました。

 最後に全員で「きよしこの夜」を賛美しましたが、会が始まる前に手話のミニレッスンがあったので、皆さんが手話をしながら賛美してくださったことも感動的でした。

 皆様にアンケートを記入していただく間に教会員はティータイムへと会場を一変。ほとんどの方がそのまま残って、思い思いに談笑の輪が作られ、和やかな時が流れました。(福島栄子)

 


2016年12月25日(日) 教会クリスマス①

天候にも恵まれ、教会員の親族、友人、ご近所の方々など、予想以上に多くの来会者をお迎えすることができました。

プログラムは聖歌隊のコーラスとトーンチャイム、手話と映像によるキリスト誕生物語、腹話術 、牧師によるクリスマスのお話など。「良き知らせをあなたに」をテーマに、キリスト誕生の良き知らせは今の私たちにも与えられていることを田中牧師が語られました。

聖歌隊によるトーンチャイム 「アヴェ・マリア」  ジュリオ・カッチーニ作曲

 

2016年12月25日(日) 教会クリスマス②

手話と映像によるキリスト誕生物語の劇中に、聖歌隊と有志で聖歌120番「みつかいのたたえ歌う」を賛美しました。

(この曲は「グリーンスリーブス」と同じメロディです。)

手前で、羊飼い役の手話サークルメンバーが歌詞を手話で表現しています。

 

2016年12月25日(日) 教会クリスマス③

教会クリスマスの宣伝のため、幅165cm、高さ75cmの看板を作り、教会堂正面の木製デッキの前に設置しました。障子紙に水性アクリルペンキで色を塗り、コンパネに貼り付けています。雨に濡れたらどうなる?と思いましたが、耐水性はバッチリ!でした。

制作に奮闘して下さった皆さん、お疲れ様でした。


8月7日(日)・8日(月)教会学校子どもサマーキャンプ

この夏の教会学校キャンプは高槻キリスト教会で一泊しました。一日目は神学生のお話と夕食のカレー作り。二日目はお話と「三好の里」でのバーベキュー。摂津峡で川遊びも楽しみました

 


7月17日(日)岩渕まことゴスペルコンサート①

教会堂リニューアル後の初めてのコンサートとして、岩渕まことさんをお招きしました。素晴らしいギターテクニックと暖かな歌声に魂がいやされました。

 7月17日(日)岩渕まことゴスペルコンサート②

今回のコンサートは、金属製ギターとウクレレを用いた弾き語り。重厚なギターの音色と軽妙なウクレレの音色の二つが楽しめました。

岩渕さんから前もってお聞きしていた曲目は「父の涙」「永遠鉄道」「God Bless You」の三曲のみ。どの曲をどんな順番で演奏するかは会場の皆さんに会ってからとのこと。大丈夫?と思っていたのですが、心配は無用でした。ご自身の体験とそこから生まれた数々の歌を披露する中で、神を信頼して生きることの素晴らしさ、その平安を存分に伝えて下さいました。

7月17日岩渕まことゴスペルコンサート③

岩渕さんのユーモア溢れるトークはここ関西でも大うけ。小1のご長女を天に送ったお話とその時に作られた歌「父の涙」には、涙ぐむ方々も多く見られました


5月15日(日)献堂式① 15時~ 

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の教職の方々、及び他教会の教会員の方々が多数献堂式にご参加くださり、共に新会堂の完成をお祝いしました。

←聖歌隊と有志の賛美   聖歌692「見よや十字架」

5月15日(日)献堂式② 15時~ 

司式は教団理事長でもある南紀キリスト教会の寺田文雄牧師が務められました。

 

 

 

5月15日(日)献堂式③ 15時~

建築関係の方々へ感謝状が贈られました。(左から、一級建築士の朽木氏、(株)コアー建築工房の西氏、永田電気工事(株)の永田氏(当教会員))

5月15日(日) 礼拝 10時半~

当教会の二代目牧師であり、現在は新中野キリスト教会牧師の藤井敬朗師が礼拝のメッセージを語られました。